記事の詳細

こんにちは。宴会コンシェルジュの後藤です。

今回は前回の続きを書いてみようと思います。

 

友人からオススメのお店について聞かれる事が何回かあり、僕はこんな疑問を持つようになりました。

「どうしてグルメサイトに沢山情報が載っているのに、わざわざ自分に聞いてくるんだろう?」

 

そしてこんな仮説を立ててみることにしました

「既存のグルメサイトでは情報が多すぎて、どこのお店が自分の要望にピッタリなお店なのか探すのが大変なのかもしれない」

 

ためしにペルソナ幹事を設定して、お店探しをしてみました。

(1)金曜日に梅田で合コン。人数は8人。予算は飲み放題付で4000円ぐらい。個室ありでオシャレな雰囲気のお店、、、

(2)3月の会社の送別会。人数は40~50名ぐらい。飲み放題込で5000円まで。貸切が出来て会社から近い本町、心斎橋あたり。 マイクがあるところ、、、

(3)大学生のサークルの追いコン。30名ぐらいで予算は3000円。東通り、茶屋町あたりで、貸切が出来て、当日の人数変更の融通が利きそうなところ、、、

などなど。

さすがに(2)の候補はそれほど多くはありませんでしたが、(1)と(3)に関してはかなりの件数がヒットします。

ためしに、上位5件ぐらいのクチコミを食べログでチェックしてみましたが、良い評価のお店もあれば悪い評価のお店もあり、、、

幹事に指名されるたびにこの作業をしないといけないなんて、幹事は大変だなぁ、、、と感じました。

そして、幹事にやさしいお店探しのサービスがあれば、このニーズを解決できるんじゃないか?と思ったのが、

「宴会コンシェルジュ」を始めるキッカケになったのです。

 

終わり。

 

関連記事

ページ上部へ戻る