記事の詳細

こんにちは。宴会コンシェルジュです。
宴会幹事の大敵でもある「当日のドタキャン」
悪気のあるなしに関わらず幹事の負担を大きくしてしまうドタキャンは
1人でも減らしたいところです。
今回はそんなドタキャンを出来るだけ少なくするための対策をまとめてみました。

1.ドタキャンしたら料金が発生することをあらかじめ伝えておく

後日請求したら「そんなの聞いてない!」と言われないためにも
ドタキャンしたら料金が発生することを事前に伝えておきましょう。

 

2.宴会の前日にリマインドメールを送る

宴会の開催自体をウッカリ忘れてしまう人にも、前日にリマインドメールを
送っておけば安心です。
加えて当日朝にもフォローメールを送っておけば「忘れてた・聞いてなかった」を
ゼロにできますね。

3.曖昧な人を人数にカウントしない

「いけるかどうかわからないけど、行くわ~」と幹事泣かせのゲストがいる場合は
コース予約の人数に含めないように注意しましょう。
さらにデキる幹事を目指すのであれば、お店に「1人~2人増えるかもしれません」と
伝えておけば完璧です。

いかがでしょうか?
大人数の宴会幹事をやったことがある人なら誰もが一度は経験する
「当日ドタキャン」
不要な料金が発生していまい、自腹を切るなんてことがないように
幹事初心者のうちはゲストへのフォローをしっかりして宴会にのぞみましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る