記事の詳細

こんにちは宴会コンシェルジュです。
4月に入社したばかりの新入社員の皆さんもそろそろ研修も終わり、
最前線の業務への配属が決まった時期かと思います。
今回は会社宴会の幹事を任された時の心得をまとめてみましたので、
決起会や歓送迎会の幹事を任された皆さんは是非チェックしてみて下さい。

その1.宴会の主役と目的を明確にしましょう


一口に会社宴会といっても、歓迎会・送別会・決起会・達成会
忘年会・新年会と沢山の種類があります。「何のための会なのか?」と
「この宴会の主役は誰なのか?」を明確にしておくと、宴会の計画がスムーズです。

その2.お店選びでは席のレイアウトを重視!


会社宴会で外せないポイントの一つに「一体感」があります。
個室なのか、貸切なのか、席のレイアウトはどんな感じなのか事前に確認して
おきましょう。

その3.会費は事前に集めておくとスマート!


会費はお店に着く前、できれば会社で集めておくとスマートです。
その際、事前に「当日の昼休みに集めますので、お釣りのないようにご準備下さい」
いった形で案内しておくと更にスムーズでしょう。

その4.乾杯の前に主役に挨拶をお願いしましょう


乾杯の前には挨拶が必要です。上司、主役、主賓など事前にお願いしておきましょう。
当日、いきなりお願いして「えっ、俺?」みたいになったら宴が台無しです。

その5.宴会中は周囲への気配りも忘れずに!


お酒の席だからといって、気が抜けないのが幹事の難しいところ。
おもてなしの精神でやり遂げましょう!グラスの状況を見ておかわりを頼んだり
空いたお皿を下げてもらうといった心配りも大切です。

その6.最後に〆の挨拶をお願いすべし!


宴会の最後にも挨拶が必要です。こちらも事前にお願いしておきましょう。
一本締め・三本締めは気持ちが引き締まってオススメです。

その7.2次会・3次会のお店を探しておくべし!


宴会には2次会、3次会がつきもの。しっかり事前にリサーチしておきましょう。
カラオケならココ、居酒屋ならココ、ダーツバーならココ、といった風に
行きつけのお店を1軒見つけておくと幹事の評価もグッと上がります。

いかがでしょうか?
上司から宴会幹事を任されるという事は期待の裏返しでもあります。
上記のポイントをしっかり押さえて「今年の新入社員はデキるな」と
評価してもらえるようにしましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る