利用規約

宴会コンシェルジュ利用規約

第1条(利用規約)
1.本規約は、ユーザーの皆様(以下「ユーザー」といいます)が、株式会社G-cube(以下「当社」といいます)が運営するWebサービス『宴会コンシェルジュ』(付随するサービスを含み、以下「本サービス」といいます)を利用するにあたり、ユーザーと当社の本サービスの利用及び運営等にかかる一切の事項に適用されるものとし、ユーザーは本規約を確認・承諾の上、本サービスを利用するものとします。当社は、ユーザーが本サービスを利用した時点で、ユーザーが本規約の全ての記載内容に同意したものとみなします。

2.当社は、ユーザーの承諾を得ることなく本規約を変更することができるものとします。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービス上で表示された時点より効力を生じるものとし、ユーザーが本規約の変更の効力が生じた後に本サービスをご利用になる場合には、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。

第2条(通知)
1.当社は、本サービス上で表示またはメール配信をすることにより、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。
2.前項の通知は、当社が当該通知の内容を本サービス上で表示またはメール配信をユーザーが受信した時点より、効力を生じるものとします。

第3条(免責)
1.当社は、ユーザーが使用する機器、設備又はソフトウェアが本サービスの利用に適さない場合であっても、サービスの変更、改変等を行う義務を負わないものとします。
2.当社は、アクセス過多、その他予期せぬ要因に基づく本サービスの表示速度の低下や障害等によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。
3.当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に発生する通信費用や設備投資について、一切負担しないものとします。
4.当社は、本サービスに関連して送信される電子メール及びWebコンテンツに、コンピュータウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しないものとします。
5.当社が相当の安全策を講じたにもかかわらず、以下の事由により損害が生じた場合、当社はいかなる責任も負わないものとします。
 (1)通信回線やコンピュータ等に障害が生じたことにより、本サービスのシステムの中断・遅滞・中止等によって発生した損害
 (2)本サービスが改竄されたことにより生じた損害
 (3)本サービスに関するデータへの不正アクセスにより生じた損害
6.当社は、ユーザーが本サービスを利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
7.予約及びキャンセルについて関与せず、いかなる保証もしないものとします。
8.当社は、本サービスを通じてなされた予約日まで当該店舗が経営を継続していること、店舗サービスを受けられること、店舗サービスがユーザーの希望を満たすこと、有用であること等その他一切を保証しません。
9.上記各項記載事項の他、本サービスの利用にあたりユーザーに発生した一切の損害について、当社は原則として責任を負いません。当社の責任に帰すべからざる事由から発生した損害、当社の予見の有無にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益について当社は一切責任を負わないものとします。

第4条(登録情報)
1.ユーザーのすべての登録情報は当社が保有するものとします。
2.ユーザーにより一度登録された情報に関しては、弊社指定の書面による登録の削除依頼以外には変更されないものとします。
3.登録されたすべての情報に関し、虚偽の申告と認められた場合は登録情報を削除します。
5.ユーザーは、メールアドレスおよび連絡先電話番号等の登録された情報に関して、希望店舗に限り、公開されることを許諾するものとします。

第5条(本サービスの停止又は中止)
1.当社は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部又は一部を停止することができ、かかる停止に起因してユーザー又は第三者に損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
 (1)定期的又は緊急に本サービス提供のためのシステムの保守又は点検を行う場合。
 (2)火災、停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合。
 (3)戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本サービスの運営が不能となった場合。
 (4)本サービス提供のためのシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウィルスの感染等により本サービスを提供できない場合。
 (5)法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合。
 (6)その他、当社が止むを得ないと判断した場合。
2.当社は、前項により本サービスの運用を停止する場合、事前に本サービス上でその旨を通知するものとします。
但し、緊急の場合は、この限りではありません。

第6条(本サービスの廃止)
1.当社は、自己の都合により本サービスを停止・廃止することができるものとします。
2.当社は、本サービスを廃止する場合には、ユーザーに対し、その旨を本サービス等にて告知するものとします。
3.本サービスの停止・廃止に起因してユーザー又は第三者に損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7条(個人情報の取り扱い)
当社は、別途定める「プライバシーポリシー」にのっとり、ユーザーの個人情報を取り扱うものとします。
なお、当社はユーザーからの問い合せ内容をもとに、個人を特定できない形式による統計データを作成し、当該データを利用させて頂く事があります。

第8条(知的財産権)
本サービス上を構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等についての一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属するものとし、ユーザーは、方法又は形態の如何を問わず、これらを当社に無断で複製、複写、転載、転送、蓄積、販売、出版その他ユーザー個人の私的利用の範囲を超えて使用してはならないものとします。

第9条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の各行為をしてはならないものとします。
(1)犯罪行為若しくは犯罪行為に結びつく行為又はそのおそれのある行為。
(2)明らかにいたずら目的と判断される情報を故意に送信する行為。
(3)当社又は第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
(4)当社又は第三者の財産権、プライバシー権、肖像権その他の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
(5)当社又は第三者を差別又は誹謗中傷する行為。
(6)本サービスを営利目的で利用する行為。
(7)システムへの不正アクセス等本サービスの運営を妨げる行為。
(8)当社又は第三者の信用を損なう行為。
(9)他人になりすまして情報等を送信する行為。
(10)法令、公序良俗若しくは本規約に違反する行為又はそのおそれのある行為。
(11)本サービスとは関係のない団体やサービス、活動にたいしての勧誘行為。
(12)その他当社が不適切と判断する行為。

第10条(登録情報の削除)
前条の禁止事項に反し、もしくは反する恐れのある情報が記載された場合、又は記載された情報量が一定量を超えた場合、当社はユーザーが記載した情報を削除することがあります。ただし、ユーザーの情報を監視・管理する義務を負うものではなく、当社はかかる情報の削除の理由などにつき、ユーザーに対し返答する義務を負いません。
また、当社はかかる情報の削除の結果、ユーザーに生じた損害につき責任を負いません。

第11条(本規約の有効性)
1.本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
2.本規約の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約はその他のユーザーとの関係では有効とします。

第12条(準拠法及び管轄裁判所)
1.本規約の準拠法は、日本法とします。
2.ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

付則
2015年12月1日 施行

ページ上部へ戻る